2016/05/18

3D学校生活

大学を休学してセブ島留学? その際のメリット・注意すべきこと

この記事は約 3 分で読めます

皆様こんにちはインターンマネージャーのChloeです。

3Dに滞在していて思うのですが、本当に様々なバックグラウンドを持った方がいらっしゃいます。年齢や国籍は勿論のこと、皆さんの留学計画や、目的も様々です。

今回は、「大学を休学してセブ島に留学する」というのをテーマにします。私の経験や3Dに滞在する生徒さんの話をもとに利点や注意すべき点を書きたいと思います。

休学して3Dにいらっしゃる生徒の皆さんの中で多いのは、3カ月から6カ月の滞在です。普通、休学というと1年間単位が多いのですが、1年間すべて3Dで滞在する生徒さんは少数派ですね。

留学期間を自由に選択

IMG_1650

まず、1つ目のメリットが自分で期間を柔軟に決めることができる、という点です。

大学の交換留学の制度は、行先が1つに決まっており学期に合わせて留学を開始します。

また、現地の学校の学期に合わせるので、大学3.4年生で休学する場合は、就職活動の時期が問題になります。

留学の開始時期・終了時期を自由に決められるという期間の点が休学留学のメリットではないでしょうか。

2か国以上に留学

IMG_1552

上にも述べたように、1年間休学した際にすべての期間をここ3Dで過ごす学生さんは少ないです。3Dの生徒さんで多いのは、滞在後にオーストラリア・カナダに留学するケースです。2か国留学です。

その他にもアメリカ・ニュージーランドへの留学を控えている方もいらっしゃいます。

2か国目の行先は英語圏だけではありません。違う言語を学びに韓国やメキシコなどに留学される方もいらっしゃいます。2か国留学する際の1カ国目をなぜセブにするのでしょうか。

①費用面

オーストラリア、カナダに比べてセブ島留学は費用を抑えることが可能です。なるべく長く留学したいという人は、1年間の留学予算を考え、セブ島留学を入れて全体の留学期間を延ばします。

②マンツーマン授業の活用

ビギナーの方であれば、最初から欧米の語学学校のグループ授業についていくのは難しいでしょう。基本的に、オーストラリア・カナダやアメリカの語学学校にはマンツーマンのレッスンがありません。

そこで3Dのマンツーマンで自分のペースで英語力を上げ、英語を話すことに慣れましょう。その際の手段としてマンツーマン授業がおすすめできます。

③資格を徹底的に勉強

2か国の留学を控えている方の中に、「セブ出国までにTOEFLのスコアを●●点まで取る。」という目標のもと資格勉強に打ち込んでいる生徒さんがいます。TOEFLやIELTSなどのアカデミックな資格対策授業は日本だと時間のわりに高額ですので、こちらで授業をとるのも手段です。

上と被る点がありますが、セブ島留学の期間を準備期間ととらえている方が多いのではないでしょうか。

④異文化体験

留学のもう1つの醍醐味が異文化体験です。日本とは違う文化や人に触れることによって、自身の価値観が変わったり、勉強では得られないことを吸収できます。

2か国以上に留学すれば、その経験は倍以上、日本に帰国した後も経験を生かして、グローバル人材として活躍できます。

休学期間を無駄にしないための注意

IMG_1643

休学費用が全く必要のない大学は珍しいと思います。私も大学に休学費用を納めました。時間をお金で買っているような感覚でしょうか。無駄にできないですよね。私なりの注意点を書いておきます。

①留学計画を綿密に

留学計画はなるべく細かく立てておくと良いでしょう。到着前をおすすめします。到着後も時間をとることは可能ですが、すぐに授業が始まり、ゆっくりと考える時間を取るのは難しいです。

計画の基準は何でも構いません。テストのスコアや、スピーキングのレベルなど。または、終わらせる問題集や単語帳など。月ごとに計画を立てておきましょう。

②学校についてリサーチしておく

たくさんの語学学校が現在セブ島にあります。それぞれの学校の特徴は様々ですので、自分にあった学校を選ぶため、学校のリサーチは念入りに行いましょう。

またセブ島留学についてもリサーチをして、イメージしておきましょう。留学生活において、自分の理想とのギャップが生じた時が一番大変です。

3Dでも入学前の生徒さん方に雰囲気を知ってもらうために、インターンが毎回、授業や学校周辺についてブログを書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

③先のことを考えすぎない

休学にはリスクがあります。1年間同級生と遅れるのは当然ですし、年齢が違うことが就職活動に不利になるかもしれないという不安で休学留学に踏み切れない人がたくさんいるのではないでしょうか。

もし、休学したのであれば、就職活動の有利不利は考えず、思いっきり自分自身が成長することに焦点をあててみてください。1年は短くもあり、長いです。遊んで終わることもできるし、たくさん勉強をして知識を身に着けることも可能です。

留学を思い切って決めたのであれば、そこでしかできないことをしましょう。海外生活では、考えるよりも行動が成長のチャンスにつながります。

3Dにも休学して滞在している生徒さんがたくさんいらっしゃいます。みなさん行動的で私も毎日刺激を受けています。

3Dにいらっしゃったら、皆様のお話を聞かせてください。楽しみにしています。

この記事を書いた人
Chloe
2016年の4月から、インターン生としてお世話になりますChloeです。大学を一年間休学して来ております。よろしくお願いします!

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング