2016/09/14

CEBU現地情報

【セブ島女子留学】基本的に1人行動の私がセブ島6ヵ月滞在で一度も危険な目に合わなかった理由

この記事は約 3 分で読めます

皆様こんにちは。インターンマネージャーのChloeです。

私の帰国までの日数がなんと3週間をきりました。現在は、「日本に帰ったら食べるものリスト」作成に大忙しです。

日本に2週間滞在した後、別の国にすぐ出発する予定ですので悔いのないように日本食を食べておきたいのです。

このまま、話が続くと熱が入りすぎてしまいそうなのでやめておきます。

さて本日は「セブ島女子留学」シリーズでございます。タイトルが長めでアメリカのラブコメのようですが、参考になること間違いなしなので、ぜひ読んでくださいね。

セブ島に来る女子の皆様が1番に心配してくることとして、「治安」が挙げられますよね。これは女性に関わらず、未成年の娘さん息子さんをセブ島に送り出すご両親もかなり気になっている点ではないでしょうか。

残念ながら、前回の記事にも書きましたが、日本ほど安全な国はありません。「セブ島はとても安全な国です。安心して来てください。」と言うことはできません。

そこで大切なのが、自分自身を守る術を身に着ける、ということです。

本日は、基本的に1人でセブ島をうろうろしながらも、100パーセント安全に6ヵ月の滞在を満喫した私の護身術を皆様にシェアしようと思います。なぜ基本的に1人なのかということについては、ご想像におまかせします。

それではいきましょう。

綺麗な恰好をしない

slide03

これは基本中の基本です。私は1人で外出する時にはパジャマを着ています。化粧もしません。

日本に居る時のようにアクセサリーを着けたり、ばっちりメイクをするとかなり目立ちます。こちらでは悲しいことに外国人=お金持ちというイメージがあるので、スリや強盗の対象になってしまいます。

複数の人数で出かける際は構いませんが、なるべく汚い恰好をしてください。こうしていれば執拗に話しかけることもありません。目につくような恰好をしないのがポイントですね。

無視で大丈夫

IMG_2545

言うまでもないですが、日本人はとても優しいです。そう言うと「私は本当に日本人なのか。」という議論が始まってしまいますので、ほとんどの日本人は優しいです。と言っておきましょう。

フィリピンではバイクタクシーというものが交通手段として走っており、ドライバーがお客さんを乗せて目的地に連れて行ってくれます。しかし、その勧誘がかなりしつこい!常に声をかけてきます。

到着して間もない生徒さんがそれぞれのバイクタクシーのお兄ちゃん1人1人に丁寧に断っていました。さすが日本人優しいですね。

断らなくて大丈夫です。無視で良いです。フィリピンで1人1人声をかけて来る人に答えていたら、日が暮れてしまいます。

バイクの勧誘に関わらず、自分に必要なものかどうかを瞬時に判断して必要でなければ無視をしてください。話かけられて、信用を得てからそのままトラブルに発展するケースもあるので注意してくださいね。

イメージトレーニングとリサーチを欠かさない

1920x1200_81c6d6eb9d6c2085a47a99699f43bb66

とりあえず、目的地を決めたらそこに行くまでのリサーチは必ずしてください。現在はインターネットというすばらしいものがあるので、どんな情報でも手に入ります。みなさんが行く場所はすでにたくさんの日本人も訪れていますので、ブログなどでも情報収集ができるのではないでしょうか。

しっかりと行く目的地についてリサーチしておくと、自分の身を守るためだけではなく、楽しむこともできるのでおすすめです。

リサーチが済んだら、そこに行くまでのイメージトレーニングをして、起こりうる危険を考えておきましょう。たとえば、人が混雑しているような場所に向かう際は、スリが多発しそうなので所持金は最小限にしよう。などなど簡単なことです。

初めての土地にいって、何もわからないままきょろきょろしてるうちに携帯が盗まれていたなんていうケースも多いので、イメージトレーニング・リサーチは必須です。

リサーチに関しては、フィリピンで起こっているトラブルケースを知っておくのも有効です。日本でオレオレ詐欺にひっかからないために犯罪ケースを知っておくことと同じですね。

こまめに持ち物チェック

IMG_2510

こちらで携帯やお財布を失くしてしまった場合、戻ってくることはほぼありません。私は外出した際、約10分おきに自分の持ち物がすべてあるか確認しています。そして決して自分の荷物から目を離しません

それさえ心がけていれば、こちらで何かを失くすなんてことはありません。タクシーやバンを降りる際にも必ず荷物チェックを行ってくださいね。

しかし、人前でお財布を出したり、堂々とスマートフォンを出すことはお勧めしません。こっそりチェックしてくださいね。

最後に

共通して大切なことは、「常に警戒する」ということです。

上記の内容は少し大げさかもしれませんが、フィリピンだけだなく海外に行く際には必ず知っておくべきスキルです。私も色々な国に旅行に行きましたが、今まで危険な目にあったことはありません。

主張したい点は「自分でトラブルを防ぐことができる」ということです。

大丈夫です。女子のみなさん。女子1人でも安全にセブ島で過ごすことができます。ただ気を付けることだけが必要です。

嫌な思いをしたら、せっかくの留学が台無しですよね。皆様が良い思いでをセブ島で作れるように祈っております~!

それではまた!

この記事を書いた人
Chloe
2016年の4月から、インターン生としてお世話になりますChloeです。大学を一年間休学して来ております。よろしくお願いします!

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング