2017/04/19

英語学習

【英語学習】留学前にするべきこと

この記事は約 2 分で読めます

「留学に行けば、英語が伸びる」
「海外に行けば、英語が話せるようになる」

そのように考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
もちろん、海外で生活するので、日本にいる時よりも英語を話す機会が多くなります。ただ、生徒として、そして現在はスタッフとしてフィリピンに長期滞在していますが、留学したけれど英語が思ったより伸びない方を多く見てきました。そんな方達に共通して言えるのが、英語の基礎が出来ていない!つまり、留学前に何も勉強せずに留学へ来たのです。

皆さん、留学する前から留学は始まっています!

という訳で、今回は留学前にどのようなことをすれば良いかについて書いてみたいと思います。
これを参考にして頂いて、より良い留学生活を送っていただけると幸いです。

留学前にどのようなことをすれば良いのか?

今回は、特に英語初心者の方(TOEIC600点未満)向けに書きたいと思います。

留学前にするべきなのは、インプットです!自分で学習できることは、自分で学習しておいた方が良いということです。
では、どのようなことを学習すれば良いか?日本で学習することは主に単語文法です!

①単語

英語を学ぶ上で、単語は必要になります。ボキャブラリーが多く、その単語の使い方が分かっていれば、「Speaking,Reading,Listening,Writing」全ての分野において、レベルアップが測れるでしょう。

ちなみに、私は『Duo3.0』という単語集を使っています(かなりボロボロです)。
fullsizeoutput_9c7

この単語集は、例文が1文あり、その文の中に使われている新出単語の意味が説明されています。なので、単語だけでなく、その単語の使い方さえも覚えられるのです!(単語だけではなく、文で単語を覚える方法はオススメです!)また、その単語と同じような意味の単語が括弧の中に示されているので、1度に効率良く単語を学べます!なので、高校生の時からとても重宝しています!別売りでCDも付いてますので、リスニングも鍛えられます。英語がある程度話せるようになった今でも、この本を使って常に単語の勉強は続けています。
fullsizeoutput_9c5 fullsizeoutput_9c6

②文法

単語と同じく、文法も英語を学ぶ上では欠かせないです。こちらもまた「Speaking,Reading,Listening,Writing」全ての分野に関わってきます。中学校・高校で勉強されて、使わないうちに忘れてしまったという方も多いと思います。関係代名詞・現在完了形・仮定法など、文法用語は覚えているのに、肝心の中身が分からなかったら意味がありません。

そんな文法を勉強するのに、私が使っている参考書は『Forest』です。実はこれ、中学生時に学校で買ったものです(笑)これも長い間重宝しています。それぞれの文法の構造やルールの説明がしっかりとされているので、文法の基礎はこれをやれば身につきます!
IMG_4602 IMG_4603

最後に・・・

みなさん、良ければ参考にしてみてください^^もし、これらの参考書をみてみたい方は、声をかけてください!

ちなみに、私自身が去年の5月末に3D ACADEMYへきた際は、1人で海外に旅行に行くくらいで、日常英会話もままにならないレベルでした。。。ただ、留学を決めた時から実際に行くまでの間に、単語と文法の勉強は上記2つの参考書を使って行なっていました。そして実際に留学した際は、とにかく英語を話すことに集中したく、いつも台湾人の友達といました!おかげで、入学時はHB(High Beginner)だったスピーキングのレベルも、2ヶ月後にはI(Intermediate)に!

また、3D ACADEMYの授業自体も「アウトプット後に学ぶインプット」のコンセプトのもと、アウトプット重視の授業となっていますので、単語や文法等のインプットはなるべく留学前に終わらせることをオススメします!また留学中は、自分から話しかけて、多くの外国人の友達を作ってください!そうすれば、ここへ来てからの留学生活もより充実したものとなるでしょう!

この記事を書いた人
Namu
2月よりインターンマネージャーをしています、Namuです!趣味は旅行とカメラ^^特に東南アジアの国へ旅行することが好きで、バックパッカーをすることもあります!滞在期間は未定です(笑)帰国までに、Macbookと英語、中国語をマスターできるように頑張ります! 困ったことがあれば、気軽に質問してください^^

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング