2017/05/22

3D周辺情報

3Dから徒歩10秒!!魅惑のフルーツ【インディアンマンゴー】とは!?

この記事は約 2 分で読めます

mango-2057426_1920
皆さんこんにちはインターンのKyogoです。
今回ご紹介するのは日本ではなかなか馴染みのない、グリーンマンゴーについてシェアしていこうと思います。

グリーンマンゴーについて

フィリピンでグリーンマンゴーと呼ばれているものは、その名の通りまだ完熟していないマンゴーという意味になります。

グリーンマンゴーの味とは??

フィリピンレストランでグリーンマンゴーを食べた経験のある生徒さんはおおよそこう言います、酸味が強すぎて食べられない。僕もその一人でしたが、最近再び屋台でグリーンマンゴーを食べてみたところ、不思議な事に、酸味と甘みのバランスが良く、美味しかったのです。

初めてレストランで食べたグリーンマンゴーと屋台で食べたグリーンマンゴー。なぜこんなにも味や食感が違うのか?その謎を探ってみた所、その違いは品種、熟成具合にありました。

マンゴーの品種、熟成について

マンゴーの品種は多く、約500種類と言われています。通常僕ら日本人に馴染みのある品種は大きく分けて、爽やかな甘みが特徴的なアップルマンゴーもしくは濃度の高い果肉が特徴的なペリカンマンゴーの2種類です。

また、マンゴーはバナナやメロンのように追熟するフルーツで、通常収穫してから熟成して甘みが出るまで常温の涼しい場所で寝かせます。フィリピンでグリーンマンゴーと呼ばれるものは、前記の通り、熟成途中のマンゴーの事です。もちろん、その熟成具合はそれぞれお店によって違います。レストランで出される酸味が強いグリーンマンゴーは恐らく、収穫直後のペリカンマンゴーです。濃厚な甘みに変わる前の強烈な酸味を持った果肉を味わうもので、これもまた、フィリピンの人たちに好まれているのです。

では,本題であるアップルマンゴーでもない、ペリカンマンゴーでもない、インディアンマンゴーの紹介をしていきましょう。

魅惑のフルーツ、インディアンマンゴー

DSC_0081
これが、今回紹介するインディアンマンゴーです。アップルマンゴーよりも小ぶりな緑色のマンゴーで、日本ではまずお目にかからない品種になります。

程よい酸味と甘みと、食感。バランスの取れた味はなかなか癖になります。これを塩、もしくはバゴオンと呼ばれるアミエビのペーストを付けて食べます。特に塩は抜群に合いますので,最初は塩で試してみるのがおすすめです。また、熟していないアップルマンゴーもありますが、こちらは完熟で食べた方がバランスが良いと思いました。

どこで買えるの?

DSC_0079
3Dアカデミーメインビルディングの正面に見える2つの薬局の間に小さな屋台があります。

DSC_0083
歩いて約10秒、こんな屋台が見えてきます。手前がインディアンマンゴー、奥がアップルマンゴー。

DSC_0087
笑顔が爽やかな店主。店の営業時間は、おおよそ12:00〜19:00
このおじさんのマンゴーの熟成具合は5割程で、熟し過ぎず、熟しなさ過ぎずのいい具合をキープしています。

・インディアンマンゴー20ペソ/3個
・アップルマンゴー  50ペソ/1個
・アミエビペースト    5ペソ/1pc
・塩           無料/1pc

3Dフィリピン人スタッフの情報によると、カルボンマーケットではインディアンマンゴーが1つ3ペソで買えるそうです。

おわりに

ここまで絶賛しておいて非常に言いにくいのですが、実際好き嫌いは分かれる味だとは思います。もちろん味の好みは千差万別なのですが、マンゴーに限らず、うまいとか、まずいとかでは語れない、その地のものを食べてみるという事はものすごく価値のある事だと思います。

留学生のみなさん、ぜひ色々なセブ島の食べ物に挑戦してみて下さいね!これから留学される皆さん、セブでの生活を楽しみにしてて下さい!!

この記事を書いた人
3D UNIVERSAL ACADEMY
フィリピン留学・セブ島留学なら3D ACADEMYへ。当校では、マンツーマン授業だけでなく、「未来に繋がる留学」をテーマに、将来的に英語を活かせる様な+αの技術や経験を習得できる学校サービスをご提供しております。

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング