2019/01/9

CEBU観光情報

海鮮も食べて1人2,000ペソ以内!?マクタン島から自力でいけるカオハガン島への行き方と実際の費用

この記事は約 4 分で読めます

セブに来たら「どの離島が一番簡単に自力で行けるの?」そう思う人も多いでしょう。

実はフィリピンには7500を超える島が確認されていると政府から発表されています。そんな中から今回はカオハガン島への行き方をご紹介いたします。

今旅の案内人は…

97380D39-50E4-4CCD-A4B0-D52D41A2C448
『平成最後の無責任男』ことインターンのToruちゃんです!

今回は台湾人7名と僕1人で島へ行って来ました!よろしくお願いします。

天気予報を見よう

海へ出かける時に一番大事なことは天気を調べることであろう、雨なんか降っていれば景色も悪いし船に乗るのだって怖い。

AM 06:30 二日酔いと共に目覚めたToruちゃん。窓の外、空は今にも泣き出しそう。きっと今日行くのは中止だろうともう一度眠りについた瞬間一通のラインがグループに届いた。

台湾人「Attention please~ We will leave here at 8:00 today and depend on the weather that raining or no raining, but we will go to Caohagan Island to eat seafood if it will be rainy😋」(原文ママ)

要約すると「天気次第だけど8時に出発ね。だけど雨が降ろうともカオハガンに行くからね😋」と申すのである!嘘やろ〜!?と思いつつ他の台湾人の様子を伺ってみるもまさかのみなさん賛同(笑)。

Toruちゃんが絶対の信頼を置いてるGoglle先生に天気予報を尋ねると…

71BC6E91-CEF8-4265-AA0A-BDF670CE1F61断続的な雷雨(笑) 流石にこの画像を送れば考えも変わるだろうとグループラインに投稿!

返信は「We don’t care😋(気にしない)」、Toruちゃんは思ったコイツらアホちゃうか。と…、だけど『雷雨決行』ロックバンドの野外フェスなら最高に盛り上がるこの状況。そう思い込んでいると知らぬ間にToruちゃんのバイブスは上がっていた。

勘のいい方ならお気づきだろう、そうToruちゃんもまたアホなのである。こうして大変な1日が始まりを告げた…

港へ向おう!

何はともあれまずは港に向かいます!学校の前にあるタクシーからHilton Portまでと運転手に伝えればOKです!伝わらないときは「Near Mactan!」「I wanna ride ship!」「I wanna go to Caohagan Island!」などと言ってればそのうち伝わります(笑)

ここで注意点なのが、タクシーでマクタン方面まで向かうと「運転手からメーター料金(約400ペソ)+100ペソよこせ!」と結構な確率で言われます。メーター通りの値段で乗せてくれるタクシーもいるので根気よく探すのも良いですが、結構時間が掛かります。その日の時間と相談して諦めて多めに払うのも悪く無い選択でしょう。

さて、一時間ほどで港に着きました。

CA6BF44C-EFB1-4DF7-AD08-CAE4DC52A1A4
ここからがまた少し大変で、船をチャーターするのに船のキャプテンと値段交渉をしなければいけません。

今回は台湾人7人日本人の僕1人の合計8人で来ています。相場としては2500〜3500ペソで10人乗りの船を借りれるそう。早速値段を交渉する。

Toruちゃん「(^.^) Captain!I wanna ride the ship!」

キャプテン「( ◠‿◠ ) I can discount for you」

Toruちゃん「(^0^) Thank you Captain!How much?」

キャプテン「( ◠‿◠ ) Only 8,000peso!it’s cheep!」

Toruちゃん「…ʕʘ‿ʘʔ

キャプテン「( ◠‿◠ )ニコニコ」

Toruちゃん「…ʕʘ‿ʘʔ

キャプテン「( ◠‿◠ )??」

Toruちゃん「アホちゃうか

すいません、思わず日本語が出てしまいました(笑)

Toruちゃんは考えた、いくらなんでも流石に8000ペソはふっかけ過ぎだ。僕が富裕層にでも見えただろうか?いいや見えない。その日汚れても良いように小汚い格好で港に向かったし、どういう目で僕がそんなにお金持ちに見えるのか???

いや待てよ、もしかするとこの人はひと目みただけで相手の内面まで読み取る力があって。それで僕を徳の高いお金持ちだと勘違いしたのでは?!

僕は確信した「キャプテンはきっといい人だ!この人を信用しよう!」

思い出してほしい、Toruちゃんはアホなのである。
そんなこんなで3200ペソを船長に支払い(しっかりねぎっとるんかい)

9E5EF88D-A859-4C70-B00B-A362E77DA11E
安心、安全、信頼の手作りボートに乗り込みます!

40D86762-4448-4292-B62D-7A6F0796FD6D
この剥き出しのエンジンが

DA5C148F-BA12-412C-B058-5EAC246738AE
我々の鼓膜を破きに掛かってきます(笑)

けれど船が沖に近づいてくると皆テンションが上がってきて…

2CFC3E4A-3106-4E2D-9BE6-9BF64AAC69AB
写真大会(^ ^)

E9DC8728-1AA3-4B28-BF30-4BB89AA96B25
6A6D0FC2-3C8E-4BA5-A3E0-FBC8389BB88B
タイタニックごっこなんかしてる間に島に到着しました!

島に着いたら海鮮だ!

島に到着すると出迎えてくれるのは…

BA2D3A75-0455-4178-8F18-721E1058F4BA
美しいビーチと…

BAEC9EA0-2FF9-4ABA-BDA5-7C16FD65449B
必死な商人(笑)全員「何でやねん!」のツッコミポーズなのがこれまたウケるw

425A6155-0B3B-49D7-BDB9-89F43E31DD94
これは南の海でだけ穫れるシャコの一種、引くほどデカい。

ちなみにこのシャコ、台湾では「Pee Shirimp(おしっこエビ!)」と言うらしい。食べた時にエビの身からダシ汁がたくさん出ることに由来してるんだそうな。

C2ED62FD-74AA-415B-B95B-EDB363E2CBED
車エビ?もスーパーではお目にかかれない大きさです!早速購入して調理してもらいます!

9F9D2D4A-9957-4E90-8069-F5F0B9814B55
基本的に調理はボイル!

65C30184-7F2B-42DD-B393-0E49795209900D1459F0-5373-4516-916A-46C973DFE458
B06D930A-1528-464C-86D3-031B19F19C3D
ただ茹でただけなのにバチボコ美味い!

値段は交渉次第ですが、貝類はバケツ一杯で400ペソ、エビは大きさにより100〜200ペソ、伊勢海老やシャコは400ペソといったところでしょうか。

今回は台湾人の友達が値段交渉してくれたので分からないですが、もうちょっと値切れるかも?知れないので。あらかじめ適正価格を先生たちに聞いておくのも◎

島を探索しよう!

お腹いっぱいになったところで次なる楽しみは島の探索!カオハガン島の大きさは東京ドーム1個分ぐらいなので食後の散歩に島を一周するのは丁度いい運動になる。

39BE10B4-C942-40B8-A77C-3C3527F1ADF0
軍鶏の喧嘩相撲がやってたり

60815B08-20DD-4C52-BBD6-48BDE5B131FD
手洗いの洗濯の様子を見たりの現地のリアルな生活を疑似体験できます。

けど台湾人の皆は飽き性なのでまたすぐに海鮮食べに戻ってましたがʕʘ‿ʘʔhehe

FCE3A1F5-4B7A-445A-881C-77AC1446B987そうこうしてる間に日も落ちて夕暮れ

みんなお疲れの様子なので帰ることに。帰る際に気をつけないといけないのが、カオハガン島は遠浅のビーチとなっているので潮が引いてしまうと元のボートだけでは帰れません。なので沖に行くまでの小さな船を200〜300ペソでチャーターしなきゃいけないことを頭の片隅にでも入れときましょう。

結局いくらかかるの?

みんなが気になるのは自力で行けばどのくらい節約できるかということかと思います。

今回掛かった費用は船のチャーター3200ペソ、小型船舶300ペソ、タクシー2台往復で1600ペソ。合計を頭数で割ると5100÷8=637.5ペソ。そこに各自食事代が500〜1000ペソぐらいでしょう。

トラブルも含めて楽しめる人は自力で行ってみるのも良いかも知れないですね(^^)

あとがき

当記事では幾度となくアホという言葉が出てきましたが、関西人にとってはアホという言葉はある意味褒め言葉(関西人代表してすいません!)です。親しみを込めて言ったり、慰める時や突拍子もない行動への賛辞であったりします。

人生では時にアホになって考えるよりも先に行動した方がいい事がたくさん。今回だって出発前は雷雨の予想で島に到着するまで憂鬱でしたが、奇跡的に一度も雨が振ることなく旅を終え、かけがえのない思い出をみんなと作る事ができました。

時に慎重に考えることは大切だけど、いつだって楽しさは行動した後について来くるんだなって再確認。

33DA482A-BCD1-432C-9F29-969577091E7F

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々。深いね。

おしまい。

この記事を書いた人
Toru
趣味が映画、小説、ラジオとインドア極まってます!その反動なのか、たまに期間を決めない旅に出ます(笑) 尊敬する人はスナフキン!よろしくお願いします!

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング