2020/01/20

3D留学体験談

【3D ACADEMY 留学体験談】人生ノープラン?! 元看護師のMichelleさんの留学物語

2020/01/16
この記事は約 3 分で読めます

こんにちは!今回は看護師を退職された後、フィリピン、セブ島にある3D ACADEMYに3ヶ月間留学されたMichelleさんの留学物語を追っていきたいと思います。

まず、彼女の紹介を少しさせていただくと
Michelleさんは日本で看護師生活を4年間していました。しかし、職場は毎日同じことの繰り返し。また、仕事のストレスが大きく「看護師」という仕事を長く続けようとは思っていなかったそうです。そんな彼女がどのようにして仕事を辞め、どのようにセブ留学に出会い、どのような日々をセブで過ごしていたのかに迫っていきましょう。

セブ留学までの物語

日本での生活

日本では普通に看護師として働いていたそうです。職場の環境もあまりいいとは言えず、人間関係から仕事の悩みまで抱えていて「辞めよう、辞めよう、、」と思っていたら4年間も経っていたとか。このタイミングで辞めないと一生ずるずると働く生活が続きそうと考えた彼女は、あるタイミングで本格的に看護師の仕事を辞めようとしました。しかし、当時は仕事を辞める事は考えていましたが、辞めたあとに何をするかは未定だったそうです。

セブ留学との出会い

ある日、電車に揺られながら「仕事を辞めた後何しようかな〜」とボーッと考えていました。そんな時、彼女の目にある物語映り込んできました。それは「海外留学してみよう!!」のような旨の車内広告でした。
「あっーーーーー。」 「あり、、かも?」
彼女はそれを見てから、様々な国への留学を考えネットを通じて調べまくったそうです。元々「いつか英語に触れて生活してみたい、、」と思っていた自分をいたらしく、調べれば調べるほど留学が現実味を帯びてきました。

セブ島を決めた決定打

電車内の広告を見たあの日から、留学について調べに調べてていると、巷では「セブ留学」と言うのが流行っていることを知ったそうです。興味を持って調べ続けていると、
「格安で留学が出来る、、!!」
なんと言っても他国との価格の安さの違いの面に魅力を感じセブ留学に絞っていったそうです。

3D ACADEMYに留学を決めた決定打

「格安だから。」

だそうです(笑)
3D ACADEMYはセブでもトップクラスにコストパフォーマンスに優れていて、なおかつ日本資本で日本人スタッフも多いので初めての留学でも比較的安心して留学出来ると踏んで、3D ACADEMYへの留学を決めたそうです。

セブ留学中の物語

いざ留学してみて最初に感じた事

やっぱりセブでの生活に慣れるまでの最初の1ヶ月ちょっとはキツい事も多かったみたいです。特に、衛生面と時間にルーズ問題は簡単に適応出来るようなものでは無かったようです(笑)もちろん日本とは全く違う環境で、違う文化の中で生きていくのは簡単な事ではないですよね。

いつ頃からセブ留学を楽しめるようになったか

「1ヶ月半がたった頃ですね。」
確かに、セブ島という生活に慣れてきたという事もあると思いますが、それ以上に「英語の上達」を感じられるようになったからだそうです。

毎日、朝から夕方まで英語漬けの生活は人生で初めての経験。なおかつ最初からスムーズにコミュニケーションを取れる訳もなく「英語力」で悩みもがいていた期間があったそうですが、1ヶ月半がたった頃からだんだん自身の英語力の伸びを実感出来るようになり、他の面でも余裕が出てきたのかも知れませんね!

セブ留学中いちばん嬉しかった事

「やっぱり、先生に英語力の伸びを褒めて貰った時ですね。」
自分ではなかなか英語力の伸びを感じる事が出来ず、毎日会話の中で「あの時あーやって言っておけばよかった。あのフレーズを知っていれば、、」と、授業終わりに何度も悔しい思いをしたそうです。悔しい思いをする度にフレーズを調べ、次のタイミングではしっかり使えるように準備を怠らなかったそうです。

そんな彼女の頑張りも成果として形に出てきて、先生から褒められた時はとてもとても嬉しかったと言っていました。努力の成果が出たタイミングほど嬉しいものはないですよね!

他にも、週末には3D ACADEMYで出会った仲間と観光地を巡ったり、ショッピングモールで買い物をしたり、綺麗な海を訪れたり、様々な素敵な体験をされたそうです。



セブ留学を経て自分の中で変わったこと

「んーー。笑いっぱいあるけど一番はやっぱり、人の目を気にしなくなったコトかなぁ」
今まで日本で過ごし、人の目ばかり気にして生きて来たそうですが、フィリピンのセブ島ではあまり人の目を気にして生活してる人はいません。おそらく文化が考え方の違いだと思いますが、そんな良くも悪くも楽観的で自由なフィリピン人たちと過ごしていると、「細かい事なんか気にしなくていい!!」そんねマインドが身に付いたそうです。
その結果、今までの人生とは180度変わって「生きやすく」なれたそうです。

セブ留学後の物語

3D ACADEMYを卒業の予定

「ぶっちゃけ、ノープランです(笑)」
「またセブに帰って来るのもアリだし、ワーホリで海外に挑戦するのもアリだし、まだ何も決まってません!(笑)」
「あ、でも。もう看護師の仕事はしないかもです。あと日本のシリアスな雰囲気で働くのもイヤですね。」

何より彼女は「ノープラン」という言葉をポジティブな意味で使っていました。今までは「ノープラン」な事は、不安で未来が見えない事だったけど、セブ留学を経て「ノープラン」の定義はポジティブに変わっていました!
確かに、未来が見えないのは不安だけど「ノープラン」でもいいんだなぁ。そう思えるようになったそうです。

あとがき

3章にわたりMichelleさんの留学物語を記してきましたが、とても素敵な話が聞けました。またインタビュー時に目を輝かせながらセブの生活を振り返っていた彼女の姿から「素敵なセブでの生活」を送られていたのだと感じ、とても嬉しく思いました。

何より、先生との時間を語られていた彼女は、ひとりひとりのいい所を事細かに話してくれました。ひとりひとりとの思い出を大事にされていて、インタビューをさせて頂いた自分も感銘を受け、改めて「人との出会いって素敵だなぁ」そんなことを考えながらお話を聞かせて頂きました。
「人生ノープラン」そんなMichelleさんのこれからの活躍を願いながらこの文章を終わりにさせていただきます。

Shin

この記事を書いた人

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング