お申込み
お電話

セブ島の基本知識

フィリピン基本情報

英語の語学留学と言うと、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなど、英語圏の留学をまずは 思い浮かべるかと思いますが、近年、東南アジアの一国フィリピンでは、その英語習得効果の評判 が徐々に高まり、日本人のみではなく、韓国人を中心にアジア各国、中近東からも留学生が集まり フィリピンにおける語学研修が盛んになってきています。

正式国名
フィリピン共和国(Republic of The Philippines)
日本からの飛行時間
約3時間50分~4時間30分 ※アジアの乗り継ぎ便を除く
時差
マイナス1時間 ※例:日本が午前9:00→フィリピン午前8:00
人口
約8,857万人
公用語
英語、フィリピノ語
※現地では、新聞やTV番組、街中の看板や公的文書に至るまであらゆるところで英語が利用されます。 現地人同士の通常会話は現地語ではありますが、留学生が関わる現地人のうち体感で9割以上の成人国民が英語でのコミュニケーションが図れます。
首都
メトロ・マニラ ※第2の都市はミンダナオ島ダバオシティ、第3の都市はセブ島セブシティ。
宗教
カトリック83%、その他のキリスト教10%、イスラム教5%、他2%
※国民のほとんどが熱心なカトリックで宗派はいくつかに分かれます。非常に熱心である為、フィリピンでは安易に宗教の話題を出す事は絶対に避けなければなりません。
気候
熱帯性気候  年間平均気温26℃~27℃
※2月下旬~7月頃まではサマーシーズンとして毎日非常に暑い日が続きます。
この時期はリゾートなどに多く旅行者が集まりますが、ビーチやマリンスポーツに最適です。一方8月~2月頃までは雨季として、 雨が降る日が多く気温も若干汗ばむ位の過ごし易い日が続きます。雨は熱帯に良く見られる一時的なスコールがほとんどですが、 近年2010年位から、1月、2月は一日中雨が降り続くという天候になってきています。
通貨
フィリピンペソ  2015年4月現在1ペソ→2.7円
※フィリピン国内ではほとんどの場所でフィリピンペソのみを取り扱っています。
USドルなども一部高級リゾート、マリンスポーツショップなどの観光施設で利用可能ですが、日本円は一部日系のお店でしか利用できません。 基本的には両替をする必要があります。
またT/C(トラベラーズチェック)は、ほとんどのお店で利用できませんので、T/Cでの持ち込みは避けた方が良いです。 クレジットカードは町中のスーパーマーケットなどでも利用可能ですが、セキュリティポリシーに不安がある為、一部高級リゾートなどを除き、避けた方が良い です。
チップ
基本的になし
フィリピン英語
アメリカンアクセントを基にした英語
※一般的な人々の話すアクセントはフィリピン人アクセントです が、他の英語公用語国と比べ癖がなく、 単語単語の発音は非常に綺麗です。小学生から学校授業は英語で行なわれ、英語を日常的に利用するという環境がある為、 映画、テレビなどから欧米の影響を受けている人々も多く、発音が非常にネイティブに近い人も大勢います。 この背景にはもともとアメリカの植民地であった事情もあります。

フィリピン生活の注意点

①フィリピンはほとんどが熱帯の為、「虫」の問題は避けられない点です。部屋にヤモリ(体長5cm位)、 蟻などは例え高級ホテルであっても出現します。また治安面では、スリを中心に物取りなども地域によっては発生する可能性が高く、 警戒を常に忘れてはいけません。また、最悪は拳銃を突きつけられての脅し事件も「ゼロ」ではありません。

②インフラ(電気、水道、インターネット回線)が、安定していない為、停電、断水などが時々起こります。

③気候や自動車などの整備間環境から来る空気の汚染や外食時における食器管理などが不十分な可能性もある為、基本的な手洗いやうがいなど衛生面には特に気を遣う必要があります。

④フィリピンでは常に自国ではないという事を意識し横柄な態度を取らないようにしてください。
外国人の立場は弱い為、気に入らないなどの単純な理由で訴えを起こしてトラブルを招いたり、また逆恨みされる可能性もあります。

⑤極力道路を長い時間歩くことは避け、出来る限りタクシーでドアtoドアの移動を心がけましょう。

⑥フィリピンでは、予告無しに休日が宣言されたり、祝日日程が急に変更になる可能性があります。
当校では上記のような代表的な注意点、その他病気や災害時など緊急時においても10年以上
培った経験とノウハウにて安心して生活できるような情報・対応を行って参ります。

厳選コンテンツ