2017/06/1

CEBU現地情報

意外と知らない?!セブ留学でのクレジットカード付帯海外保険の注意点!

この記事は約 2 分で読めます

海外旅行保険は留学生活では必要です! 日本と違い慣れないセブ生活では体調を崩す方も少なくないです!
そこで今回取り上げるのは、クレジットカード付帯海外保険の基本的な知識です!

海外保険に入るには主に2つの方法があります

1,自分で保険会社の海外旅行保険プランに申し込む方法。
2,クレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償を利用する方法。

そんなの知っている!!という人も多いかと思います!そしてクレジットカードだけで十分じゃんと思っているそこのあなた!要注意です!今回はその注意点について説明して行こうと思います!

注意点その1

DSC08441

【付帯条件の確認】
クレジットカードの付帯保険には二種類あります!それは自動付帯と利用付帯です!その名の通り自動付帯は何もしなくても勝手に保険が付いてきます!年会費無料なら実質無料で海外保険に入ることが出来ます!しかし出国してから90日までのものがほとんどです!

一方で、利用付帯とは、ツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードを利用しなければ、海外旅行保険が適用にならないものです。具体的には旅行会社へのツアー・パック旅行費用や、出国するまでの公共交通機関(航空機や電車、船、バス、タクシー)の支払いをカードですることを条件に、その海外旅行中の補償を受けることができます。

自動付帯と利用付帯を比べると、何の条件もなしに勝手に保険に入れる自動付帯の方が便利なカード保険と言えますね。

注意点その2

GREEN_kureka_TP_V-1024x683

【補償額の確認】
クレジットカードの保険は任意保険よりも補償額は低いです。年会費無料の物だと治療費100万程度など、補償額を超えるケガや病気をしてしまうと、自腹となってしまいますので、要チェック!!

注意点その3

entry-56

【携行品損害と治療費用の補償が厚いものを選べ!】
セブ島では人件費が安い事もあって治療費は安いです!ですが、日本に比べれば環境が悪いので風邪にかかりやすいです。治療費の厚いものを選ぶと安心して生活出来ます!

携行品損害補償が一番利用する可能性が高いと言っても過言ではないでしょう、学校でも注意を呼び掛けていますが、スリが多発するセブ島。チャックのついていないカバンを持ち歩いていると財布だけが無くなっているなんて報告もしばしば。。。携行品損害は20万円程度の保険に入っていれば大丈夫です!

まとめ

付帯条件の確認 補償額の確認 携行品損害と治療費用の補償が厚いものを選ぶ!この3つに注意してクレジットカードの保険は利用するようにして下さい。

この記事を書いた人
Kentaro
インターンスチューデントのKentaroです!大学を休学中の三年生です!3月から3カ月滞在します!趣味は、筋トレ,バイクに乗ること,読書...etcです!よろしくお願いします!

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング