2017/05/8

CEBUグルメ情報

フィリピンのローカルなおやつプト(PUTO)を食べてみた!

この記事は約 2 分で読めます

せっかくセブに来たなら、ここでしか食べれないものを食べてみたいですよね?
沢山あるフィリピン料理の中から今回はフィリピンの伝統的なおやつプト(PUTO)を紹介したいと思います!

プト(PUTO)とは?

IMG_9072
プト(PUTO)と呼ばれるおやつは、フィリピンでは伝統的な蒸しパンケーキのことで、小麦粉の代わりに米粉から作られています。調べてみるとフィリピン全体で一般的な家庭の朝食やおやつだそうです。甘さは控えめなので、甘いのが苦手な方でも気軽に食べることができます!

IMG_9724
上の写真はプトチーズといって上にチーズがのっています。おいしそうですね♪

紫色の理由は?

初めてみた方は「何の色なの?怪しい!」驚くと思います 8-O! この鮮やかな紫色の理由は、ウベ(ube)と呼ばれる紫イモが使われているからです!フィリピンではとっても有名で、ハロハロにはよくウベのアイスがのっています。

IMG_9735

この紫は『アントシアニン』による天然の色素。アントシアニンは他にもブルーベリーやナス、紫キャベツなどにも含まれており、眼病予防など視覚機能の改善効果や、抗酸化作用があるとして美容にも良いとされています。ウベは山芋のように粘り気があり、米粉と合わせて蒸されるため出来上がりはお餅のような感触になります!

どこで買えるの?

IMG_9070
IMG_9064
場所はなんと3Dのメインビルの前です(笑)昼の11時頃、おばさんがプトを売り始めたと同時にバイタクのおじさんや、現地の人々が続々と買って行きました!現地の人が「おいしいよ!食べてみなよ!」「ライスケーキだよ!」と勧めてくれたので友達と食べてみました!味はとってもおいしい!甘すぎず、ふわふわでもっちりとした舌触りでした。お値段はなんと一つ12ペソ!安い!嬉しい!(笑)小腹が空いた時や、軽く何か口に入れたいときにぴったりですね😋!

最後に

せっかくセブに来たならローカルなフードに挑戦してみましょう♪日本では味わえない食感や新たな発見があって面白いですよ💫3Dの前でプトを売っているのに出会ったら是非買ってみてくださいね♪

この記事を書いた人
Risa
愛知県名古屋市出身のRISAです!大学4年生を一年間休学してセブにやって来ました♡!歌ったり踊ったり楽しいことが大好きです!よろしくお願いします♫

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング