2018/04/12

3D学校生活

【一芸留学・花田 和奈】3D ACADEMY フォトレポート Vol.1

この記事は約 3 分で読めます

初めまして!4月から4週間、一芸留学として3D ACADEMYにやってきた花田和奈です。

主に株式会社Lovegraphで世界中の愛をカタチに、をコンセプトにLovegrapherという肩書きでカップル、友人、家族など様々な愛を写真に収める仕事をしています。

そんな私が一芸留学に来た理由はやはり、語学力を学ぶ必要性をひしひしと感じたからです。詳しい経緯と動機についてはここでは省略し、note.にまとめてみましたので是非ご覧ください。

画像1
【note(ノート) https://note.mu/kazuna_hana/n/nac1e3861a862

前置きはさておき、実際セブでの生活ってどうなの?学校の様子は?と留学を検討されている方、また予定がある方は疑問と不安が多少なりともあると思います。

そこで!こちらでは私の留学の生の声が詰まった体験レポートをお届けしていこうと思います!

早くも到着して1週間が経過しようとしているのですが、今回はセブについてと、授業の様子についての豪華二本立てでレポートしていきますね!

「陽気な人柄と、少し混沌とした街並み」

現地の人達は基本的にとてもフレンドリー。遠くからカメラを構えてもすぐに気づいてポーズを取ってくれます。カメラの気配にめっちゃ敏感です 笑  

画像2 画像3 画像4 画像5 画像6
【学校のセキュリティーや食堂の方も、フレンドリー 笑】

画像7

学校はセブ市街ど真ん中なので、スーパー、薬局、両替所、コンビニ、なんでも揃ってて本当に便利!ただ少し離れるとスラム街やストレートチルドレンがいるので、こうしたスナップを撮る時は2~4人行動を心がけたほうが無難です。(女性は特に)気さくな人柄ではありますが、中には詐欺やスリ目的の人間もいるので見極める力が必要です。

画像8

まず私が最初に街に来て、異国感を強く感じた点は3つ。

1. 交通量が非常に多く、信号がほぼないところ
2. お店のそこかしこに銃を持った警官や警備員がいるところ
3. 詰まるのでトイレにトイレットペーパーを流してはいけないところ 笑

いかに日本が清潔で、安全な国か外に出ると強く感じますね。

じゃあ少し汚くて危険なイメージがいつも付きまとうの?と感じるかもですが決してそうではありません。

画像9
例えば、なにこの綺麗な建物?ってなりますがこちらはなんとレストラン。IT.PARKという学校から徒歩15分くらいにある、公園と飲食店が立ち並ぶ場所なのですが、夜はナイトマーケットなどもあるのでデートや友人と遊びに行くのにいいかも?私は学校に来て初日に早速遊びに行ってみました!

画像10 画像11 画像12 画像13
値段も日本に比べると安く、お酒も頼んで一人あたり500ペソあれば十分。

見慣れたスタバや、韓国発祥のスイーツ店もあって食べ歩きにも良し!いわゆるインスタ映えを目指すならオススメしたいスポットです!まだまだあるので徐々に開拓していくのも留学の楽しみの一つだと思います!

笑いあり、真面目ありのバラエティ豊かな授業!」

学校に到着して翌日、TOEICのテストが行われ、自分のレベルにあった授業があてがわれます。私の場合はマンツーマンレッスンが4つとグループレッスンが3つの7コマ。

一言で言うととにかく楽しい!

自分がどういうことを学びたいのか最初に説明する必要がありますが、何度も何度も丁寧に説明してくれますし、辞書を調べてる時間も待ってくれるので自分のスピードで学ぶことができます。

画像14
【グループレッスンでの1コマ。ディスカッションで自分の考えを述べる授業ですがそれはちゃうやろ!と関西のようなノリで総ツッコミが起こることもしばしば。】

画像15
【多種多様な人種が集まるので、他の生徒がどういう発音をしているのか、どんな受け答えをしてるのかも聞けてとても勉強になります。】

画像16
【オフィスには日本人のチューターも多くいらっしゃるので、寮や授業で困ったことは何でも気軽に相談できて、安心です。】

DSC03860
【講師陣同士も仲が良いらしい♪】

本当、留学&海外初心者の私にとってはありがたい尽くしの連続…!

私は授業の初めに昨日会ったことを話すように意識したり、質問を用意しておいて授業中に教えてもらう、今日はこれがしたい!などと積極的に1コマの授業をカスタマイズするようにしています。どういうことが学びたいのかを先生に伝える事で時間とそのあとの学習効率がぐんと上がります。

このわずか4週間で一体どれだけ私の語学力が上がるのか…!これだけのサポートがあるなら最終的にはやっぱり自分の努力次第。だけども休息も同じくらい大事。

というわけで来週はセブの南にあるボホール島への一泊二日、小旅行をレポート!

お楽しみに♪

この記事を書いた人
Kazuna Hanada
「世界中の愛をカタチに」を掲げたlovegrapherとして、 日本でフォトグラファーをしています! 会話力向上のため4月から一ヶ月間一芸留学中。 人生のモットーは「次の人の為に生きてる係」。 写真の事でもなんでも気軽に話しかけてください♪

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング