2016/11/24

CEBU現地情報

フィリピン・セブ島タクシーの安全な乗り方と注意すべきこと

この記事は約 3 分で読めます

S__37191693
フィリピン・セブ島での移動手段として一番使うことになるのがタクシーだと思います。東南アジアにおいて、日本人乗客はぼったくりのターゲットになりやすいです。

ここでは、フィリピン・海外が初めての人でもぼったくり被害やトラブルに巻き込まれないよう、料金の相場や、支払い方法、注意すべきことをご紹介します。

出発前に確認すべきこと

taxi002
乗車時、出発前に確認すべきことは、主に2つです。1つは、ドライバーがメーターをきちんと使用してくれるかどうかです。

  • Do you have the meter?(メーターはありますか。)
  • Can you use the meter?(メーターを使ってもらえますか。)

上記のような英語で確認すれば、メーターを使わずにぼったくりの被害にあうこともないかと思います。

2つめは、タクシーの中にドライバー以外に人がいないかどうかです。当たり前のようなことですが、何かしら言い訳をしてドライバーの仲間が乗っていることがあるそうです。念のため、後部座席に人が乗っていないことを確認してから乗車しましょう。

また、出発前に目的地周辺のマップを確認しておくことをおすすめします。一度読み込んでおけば、オフラインでも現在地とマップを確認できるので、遠回りせずに向かってくれているか確認することができます。

目的地の伝え方

  • Could you please take me to the Ayala?(アヤラまでお願いします。)
  • I’d like to get to Ayala.(私はアヤラに行きたいです。)
  • To Ayala,please.(アヤラまでお願いします。)
    • Let me get off here, please.(ここで降ろしてください。)
    • Stop here,please.(ここで止まってください。)

上記のような英文で行き先を伝えれば、目的地に行くことができます。目的地が有名な観光地であれば、単語で言うだけでも伝わるので、英語に自信がない方でも安心してください。

初乗りは40ペソ!

taxi_meter
フィリピン・セブ島のタクシーは初乗り40ペソ(約90円)からです。フィリピン・マニラでは、メーターを使ってくれないタクシーがまだまだ存在しますが、セブ島のタクシーは基本的にメーターを使ってくれます。

しかし、場所や時間帯によっては、メーターを使ってくれないドライバーも稀にいます。特に日本人は英語が話せず、怒らないイメージを持たれているので、ぼったくりのターゲットになりやすいです。

メーターをしっかりと使ってもらい、40ペソからスタートしているか確認しましょう。

観光地までの料金

ayalamall
Ayala Mall Cebu
3D(JY Square Mall)から有名なスポットまでのタクシー料金の相場をご紹介します。ぜひ参考にしてください。しかし、交通状況によって価格は前後する可能性があります。

ITパーク 40-50ペソ
アヤラモール 80-100ペソ
SMセブシティ 100-120ペソ
マンゴーエリア 90-120ペソ
SMシーサイド 200-220ペソ
マクタン空港 200ペソ

 

タクシーに15分ほど乗ると約80ペソ(約180円)、30分ほどで150ペソ(約330円)、45分で250ペソ(約560円)くらいかかるイメージでいると良いでしょう。

支払い方法

Philippine_Peso
Exchange Rate Calucurator.com
支払い方法は、現金のみと考えた方が良いでしょう。タクシードライバーはお釣りを細かく持っていないため、お釣りを支払えない場合が多いです。

そのため、1000ペソなどは使いづらいです。5,10,20,50,100ペソを持っていき、極力お釣りが出ないように支払いましょう。

また、フィリピン・セブ島はチップを払う必要もないですし、求められることもありません。

タクシー配車アプリ「Grab Taxi」

grab-taxi
tech wire asia
近年、フィリピンで人気が出てきているサービスが「Grab Taxi」です。東南アジア版Uberのようなサービスで、安全に相場に近い価格でタクシーに乗ることができます。

セブ島は、基本的にメーターを使ってくれるため、必要になるシーンは少ないです。金曜の夜の渋滞時や、観光地などでタクシーが中々捕まえることができない時に、Grab Taxiはとても役に立ちます。

特にセブに来る前や日本に帰る前にマニラに行かれる方は特におすすめです。マニラの空港周辺は、ぼったくりの被害が頻繁に起きています。

Grab_taxi
GrabTaxiを利用すれば、適正な価格で移動することができるので、海外初心者には利用することをおすすめします。
利用する上で注意点が2つあります。1つは、サービス登録についてです。登録時にSMS認証が必要になるので、フィリピンでSimを購入せずWi-Fiのみで利用される方は、SMSが利用できないので日本で登録を済ませてくる方が良いでしょう。2つめは、オフラインの環境では利用できない点です。Wi-Fiのある環境で予約をする必要があります。登録さえ完了してしまえばとても便利なサービスなので、ぜひ活用してください!

この記事を書いた人
Naoto
10月からインターンスチューデントとして来ました、Naotoです。旅行、映画・ドラマを観ること、音楽を聴くことが好きです。3D卒業後にネパールとアフリカに行く予定なので、行ったことがある方色々お話を聞かせてください!12月中旬までの滞在予定です。よろしくお願いします!

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング