2017/06/15

3D留学体験談

【10万PVブロガー セブ島留学無料招待】Yukkiさんインタビュー

この記事は約 4 分で読めます

DSC_0034【月間10万PVブロガー セブ島無料招待】
「1ヶ月無料で留学ができたなら…」そんな夢のような話があったならと考えたことはありませんか?実は、あるんです!俺のセブ島留学さんとのタイアップで行なっている、【無料招待】月間10万PV以上のブロガー限定!有名語学学校がフィリピン留学を無料で招待!という企画。

今回インタビューしたのは、この企画第1号で当校に留学されたブロガーのYukkiさん。ブログを運営されて5年。多くの読者を獲得しており、ブログ運営で生計を立てている人気ブロガーさんの1人です。

そんなYukkiさんがブロガーになった理由や今回の3Dアカデミーでの留学生活、また今後来る学生へのアドバイス等についてお伺いしました!

DSC_0016

ブロガーになったきっかけは友達や同僚

ブロガーになったきっかけは、25歳の頃。スマートフォンやパソコンなどのガジェットが好きで、知識を多く持っていたそうです。すると周りの友達や同僚から、商品の使い方や維持費等の生活に密着した質問を多く受けるように。それならば、自分がブログにしてネット上に載せてしまえば、多くの質問を受けることもなくなるのではないか、また同じ問題で困っている他の人も助けることができるのではないかと考え、「でじねこ.com」というブログを始められました。

「ブログを始めた頃は、ブログに関しての知識もなかったので、手探りな状態から始めました。プログラム等も全然でした、、、なのでGoogleを使って知識を集めていきました」

ただ、その予想は的中し、ブログのアクセス数はぐんぐん伸びていき、気がついた頃には割といい収入源になっていたそうです。ブログの記事作成についてお伺いすると、

記事を書く時間は、そこまでかかりません。早いものだと30分で書き終わります。情報をより正確に書かないといけない記事の場合は、5、6時間かかったり、長くても2日がかりで書けます。あと情報収集は、毎日欠かさずしています。授業の合間等、ニュースチェックやそのニュースに対するSNS上の反応というのは、常にチェックしていますね」

このブログを始めたことがきっかけで、その後の彼の人生が変わっていくことに。

DSC_0042

ブロガーとして独立、そして海外留学へ

日本では、外資系の会社に就職。その傍らで始めたブログが順調にアクセス数を伸ばしていき、気がつくと割といい収入がもらえるように。

「外資系の会社で働いていたのですが、英語が全然ダメで。。。ブログの方の収入が伸びてきていたので、26,27歳くらいの時にブロガーとして独立しました。辞めた当初は、今考えると無謀だったなと思います(笑)ブログで収入を得ていましたけど、そんなに大した額はもらえていませんでしたので。。。ですが、ブロガーとして独立し、自分で自由に使える時間も増えたので、いっそのこと英語でも勉強しようかということで、フィジー留学とオーストラリアへワーキングホリデーに行きました」

「フィジー留学は、半分リラックスのために行っていた部分もあり、休みの日は釣りなどをしていました。授業に関しては、グループ授業のみだったので、フィリピン留学とはまた違いますね。ただ1つ問題だったのが、インターネット。ネット環境が良くなく、ブログが全然書けませんでした(苦笑)」

※実際に、セブ島とフィジーの語学留学、両方行ったので体験談形式でどっちがおすすめか比較という記事も書かれています。

「オーストラリアのワーキングホリデーの際は、2ヶ月間だけ学校に通いました。いろんな国籍の学生がおり、授業に関してはフィジー留学の時と同じように、グループのみでマンツーマンはありませんでした」

DSC_0005

3D ACADEMYへの留学

フィリピンへは旅行で何度か訪問したことがあるというYukkiさん。その旅の様子についてもご本人のブログに書いていらっしゃいます。また、セブ島といえば”俺のセブ島留学さん”ということで、度々サイトをチェックしていたそうです。そして、今回の「【無料招待】月間10万PV以上のブロガー限定!有名語学学校がフィリピン留学を無料で招待!」という企画を発見し、すかさず応募。セブ島留学は初めてだということで、まずはYukkiさんにセブの印象をお伺いしてみました。

程よい都会感と程よいローカル感が合わさっている感じですかね。ちょっと不思議な感じです。ただ抵抗感はなかったです。フィジーと比べると、、、だいぶマシです(笑)以前にもフィリピンには何回か来たことがあったのですが、結構ローカルな場所に行っていました。マニラにも何度も行っていましたが、セブとはまた違いますね」

そして、今回の4週間の留学を終えての感想もお伺いしたところ一言。

「4週間、毎日こんなに全力で勉強したことはないです(笑)」

フィリピン留学の特徴の1つでもあるマンツーマン授業の印象については、

マンツーマン授業は、すごく満足しています。最初の授業で、先生が何について学びたいのかのリクエストを聞いていくれた。私の場合は、TOIEC等の試験対策というよりは、日常の中で使うような実践的な英語を学びたかったので、ほぼ全部フリートークで先生と話していました。特に印象に残っている先生は、Ann先生とPinky先生です。Ann先生はひたすら素早く話してくれるので、リスニングが向上しました。恋愛相談なんかもしましたね(笑)授業中に話す機会が多くあったので、ボキャブラリーも含めてスピーキング力も向上しました。Pinky先生とは、くだらないことも話しましたし、ゲームみたいなことも織り交ぜながら英語を勉強しました。あとは、お互いの家族のことを話ししたりもしましたね」

IMG_5738

また、授業以外の普段の学校生活についてもお伺いしてみました。

「週末は、非常に満喫していました。ほぼ毎週末、友達やバッチメイトと観光や旅行に出かけていましたね。夜景の名所でもあるTops(トップス)では、夜景はもちろん、携帯のライトで”We love Cebu”の文字を作って写真を撮ったりしていました。また、一番印象に残っているのは、モアルボアルです!ウミガメやイワシの大群と一緒に泳いだり、運よくイルカも見れたんです!GoProを持っていた友達がいて、いい映像が撮れました。自分たちで公共バスなどを利用して行ったのですが、現地で優しいジプニーのおじさんに案内してもらえ、とても満喫することができました^^!」

※実際に、モアルボアルへ行かれた際のブログがこちら!
モアルボアルへの行き方。セブ市内からバスとジプニーで。大群イワシやウミガメを見よう

IMG_5735

今後来る学生さんへのアドバイスは?

DSC_0055

最後に、今後3D ACADEMYへ留学する生徒さんへのメッセージをお願いしました。

「まず生活面では、ウエットティッシュを持っていくと便利です。外では、トイレに石鹸がなかったりするので、あると非常に重宝します。あと、学校では授業で使うノートが初日にもらえるので、安心です。ただ、ルーズリーフはあんまり見かけないので、ルーズリーフを好む方は日本から持っていくと良いです」

※今回のセブ留学(1ヶ月)でかかった生活費についての記事はこちら。
1ヶ月のセブ島留学、費用はいくらかかる?語学留学中の生活費と滞在費の全記録

英語の勉強法については、とにかく授業でははっきりと話す!たとえ下手だとしても、発音を気にしながらも、大きな声で話して下さい。声が小さければ、発音が間違っていても先生が聞き取れず、発音を直してもらえないので。シャイにならない方が良いです。文法については、話している英語が間違っていたら直してもらうように先生へ事前に伝えておくと、その場で直してもらえます」

「この学校では、勉強と遊びのバランスや配分はどちらに重きを置いても、効率よく留学できると思います。学校のルールがそこまで厳しすぎないので、選択肢は様々あるということですね。しっかりと勉強しようとすれば、ガッツリと勉強することができますし、9割遊びでも学校外で外国人と話せば、それはそれで英語が伸びていきます。みなさんが留学を楽しんで帰られることを願っています^^」

今後はブログを柱としながら、今まで培ってきた英語を使った仕事にもチャレンジする予定だそうです。ブロガーYukkiさんのチャレンジはこれからもまだまだ続きます。

セブ島留学、3Dアカデミーの評判は?学生の口コミと体験してきた感想まとめ
Yukkiさんが実際に留学してみた時の感想や学校についてが率直に書かれています。

でじねこ.com
Yukkiさんが運営されているブログ。iPhone7・iOS10、FacebookやポケモンGOの情報や格安SIMやSIMフリースマホ情報も!また、海外旅行の現地情報も書かれています!

この記事を書いた人
Namu
2月よりインターンマネージャーをしています、Namuです!趣味は旅行とカメラ^^特に東南アジアの国へ旅行することが好きで、バックパッカーをすることもあります!滞在期間は未定です(笑)帰国までに、Macbookと英語、セブアノをマスターできるように頑張ります! 困ったことがあれば、気軽に質問してください^^

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング