2017/08/11

3Dレストラン

【3Dキッチン三ツ星プロジェクト】〜植野浩 氏の想い〜

この記事は約 3 分で読めます

IMG_7623

昨年末からスタートした【3Dキッチン三ツ星プロジェクト】。3Dレストランでは、毎日生徒さんたちに美味しく、バランスの良い食事を提供できないかと日々研究・改良を重ねています。そして、このプロジェクトの中心となっていただいているのが、植野 浩さんです。植野さんは、スノーボード・アルペン競技のトップアスリートの一人であり、将来オリンピックを目指している植野琴 選手のお父さんでもあります。

今回は、プロジェクトの中心人物・植野さんにこのプロジェクトへの”想い”や生徒さんへのメッセージを綴っていただきました。

3Dキッチン三ツ星プロジェクトとは

3Dキッチン三つ星プロジェクト⑦

3D ACADEMYの生徒さんは、海外に長期滞在するのが初めてという方がほとんどです。自分の国とは違う環境の東南アジア・フィリピン。不安と緊張いっぱいで来られる生徒さんたちに、安心して楽しく滞在して頂くためにも、掃除・洗濯・インターネットなど、3Dでは様々なサービスの改善に日々努めています。その中でも重要なのが、”毎日の食事”。食事は、みなさんのパワーの源となります!食材も道具もキッチンスタッフの技術も日本とは条件が大きく異なる中で、皆さんの「おいしい!」のためにもっと何かできることはないか?そこで生まれたのが、【3Dキッチン三ツ星プロジェクト】です!

3Dキッチン三つ星プロジェクト③
みなさんの「美味しい!」のために。フィリピン人スタッフへの指導を丁寧に行う、植野さん。

3Dキッチン三ツ星プロジェクト始動の経緯

3Dキッチン三つ星プロジェクト

このプロジェクトが始まったのは、2016年12月。植野さんに、キッチンのアドバイザーとして3D ACADEMYに来て頂いた事が始まりでした。

植野さんが3Dへ来るきっかけになったのが、娘・琴さんの3D ACADEMYへの留学。2016年の9月に、琴さんが「JOURNEY to YOUR BEST」(3D ACADEMY が Global Athlete Project と共同で、世界に挑戦するアスリートを語学面からサポートするフィリピン留学プロジェクト)を利用して3Dに留学されていたのです。その娘さんより3Dについての様々な話を聞かれたそうです。自身が料理人ということもあり、食事の面で何か”恩返し”ができないかという事で、3Dにボランティアとしてやって来られ、このプロジェクトがスタートしたのです。

植野琴選手のオフィシャルブログ

植野琴さんの留学体験談はこちら
スノーボード・アルペン植野琴選手3D留学後インタビュー -【Global Athlete Project × 3D ACADEMY】

植野さんから皆さんへのメッッセージ(自筆)

IMG_7612
プロジェクトの中心人物である植野さん。今回は、料理人として、プロジェクトの中心人物として、その想い・生徒さんへのメッセージを綴って頂きました。以下、植野さんの自筆です。

〜植野浩 氏からのメッセージ〜

“3Dキッチン三ツ星プロジェクト”として、今回で5回目のセブ島になりましたが、最初のメニューが思ったより早く定着できたため、今回から新メニューを作成することができました。フィリンピン人スタッフの頑張りももちろんありましたが、みなさんとのコミュニケーションを通しての”笑顔”が成功に導けたと思います。私はボランティアで来ていますが、これからも3D ACADEMYの生徒さんのために頑張って行きたいと思います。また、ボランティアで来ているからこそ気になる点も何点かあります。英語を学び、これから国際人として活躍する皆さんの少しでもお役に立てれば幸いです。

1、味を見る前に大量の塩・胡椒を料理にかける。

2、自分が食べれる以上の量を盛り、食べれなくなり捨ててしまう。

3、後ろに並んでいる生徒を気にせず、自分だけ大量に同じものを盛る。

4、食べ方が特殊の場合はサンプルを置いてますが、何も見ないで全部混ぜて盛る。

5、全て山盛りで、見た目に美しくない。

本来、食べ方は自由です。誰にも制限する権利はありません。ただ、料理を作った人間からすると、とても悲しいです。少しでもみなさんに美味しく食べてもらいたい気持ちで、スタッフも全力で覚えようとしています。全く知らない料理を覚えるのは、本当に困難です。また、フィリピンでの貧富の差もみなさん感じてますよね?食事が美味しく食べれるのは、本当に贅沢なんです。そんな中、私が帰国した後もお互いが楽しい時間を過ごせるように、食べ方・マナーを考え、”常に笑顔が絶えないレストラン”であってほしいです。そして、それがみなさんの英語の勉強の手助けになれば、本当にこのプロジェクトの成功になると思っています。私の帰国後も、フィリピン人スタッフは頑張りますので、宜しくお願いします。

私は、また近いうちに3Dに戻って来ます。その時は、また一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

3Dキッチン三つ星プロジェクト②
フィリピン人スタッフに料理の完成イメージを持ってもらうため、写真を利用して説明を行う、植野さん。

3Dキッチン三つ星プロジェクト④
毎日のミーティングを行い、共通意識を高めます。

最後に・・・

3Dキッチン三つ星プロジェクト⑤

今回の記事で、プロジェクトの中心人物である植野さんがどのような想いでこのプロジェクトに協力して頂いているか、料理の作り手がどのような想いで料理を提供しているかを分かって頂けたらと思います。生徒のみなさんに毎日美味しい食事を提供し、快適に留学生活を送ってもらいたい。その想いのもと、【3Dキッチン三ツ星プロジェクト】はまだまだ続きます!料理を提供する人たち、食事をする人たちが協力しあって、”常に笑顔が絶えないレストラン”を作り上げていきましょう!

3Dキッチン三ツ星プロジェクトについてもっと知りたい方はこちら
ご飯をもっとおいしく!!【3Dキッチン三ツ星プロジェクト】~前編~
ご飯をもっとおいしく!!【3Dキッチン三ツ星プロジェクト】~後編~

 

この記事を書いた人
Namu
2月よりインターンマネージャーをしています、Namuです!趣味は旅行とカメラ^^特に東南アジアの国へ旅行することが好きで、バックパッカーをすることもあります!滞在期間は未定です(笑)帰国までに、Macbookと英語、セブアノをマスターできるように頑張ります! 困ったことがあれば、気軽に質問してください^^

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング