2019/01/21

CEBU観光情報

1日で回れる!3D ACADEMY周辺の観光情報まとめ!

この記事は約 5 分で読めます

留学開始から最初の1ヶ月の毎週末はバッジメイトと共に様々なところに行きました。
fullsizeoutput_2454
こちらはボホール島にある名もなき教会です。(知らないだけですが…)ボホールで体験出来るアクティビティはどれも楽しく疲れを忘れて遊び回れました。

IMG_6215
こちらはシキホール島にあるホテルの目の前に広がる海です。最高のロケーションです。因みにシキホールへは片道5時間で行けるところをトラブル続きで行きも帰りも約11時間かかり旅の大半が移動時間になっちゃいました( ; ; )もちろんそれでも凄く楽しめたし今となっては本当にいい思い出です。

ただしやはり移動時間は最小限に抑えたいところ。そこでオススメなのが3Dが毎週末に企画しているスクールトリップです。お申し込み頂ければ旅慣れたスタッフの先導の元、様々な観光地に行くことができます。片道11時間なんてことにはならないはずなので(笑)是非是非参加してみてください。スケジュールは下記のページをご覧ください。
毎日がアクティビティ!

少し話が逸れましたが、とにかくいろんな場所に行きました。ただ、僕のバッジメイトはほとんどが1ヶ月の留学後に帰国してしまい、それからと言うもの1人残された僕は毎週末ひたすら自習室にこもり、外出といえば時折アヤラモールに行くぐらいでした。

そして2018年の年末、2週連続で4連休がありました。流石に自習にも飽きて遊びたくなった僕は、たまには外に出て課外学習でもしようと思った僕は,3Dからバイクタクシーと徒歩で15分ほどの場所にある”taoist temple”に行くことに。

それをきっかけに驚くべきフィリピンの文化を学べ、英語の伸びが停滞していた僕はそこから脱出する手がかりを得たので、観光地の紹介と共に共有させて頂こうと思います。

Taoist Temple

略してTTですね(今決めました)

昼を過ぎて14時ごろに学校前でバイクタクシーを捕まえてTTへ向かってもらうことに。毎回必ず乗る前に値段を確認しており50pesoとのことでしたのでそんなものかと思い乗車しましたがTTはビバリーヒルズと呼ばれる高級住宅地内にあり、その住宅地の手前にゲートがあります。バイクタクシーのおじさん曰く、「ここから先はバイクタクシーは入場できないから歩いてくれ」とのこと…

いやいやたった3分くらいしか乗ってへんし、、、てーか先言っといてや…と僕の中の関西人が目を覚まし、その場で再度値段交渉開始。なんとか30pesoに負けてもらいました。日本じゃ気にしないかもしれませんがなにせここはセブです。20pesoあればポテチが買えます。渋々歩いて10分ほどでTTに到着しました。
IMG_7011
圧巻の面構えです。

IMG_7016
雨上がりだったので蒸し暑く、到着時点で汗だくでした。さらにここは階段の上り下りも多いのでタオルの持参を推奨します。土曜日と言うこともあり観光の方も多く想像以上に賑わっていました。

IMG_7023
寺院の至る所に龍の置物があります。ちょっといい感じに撮れたので自慢させてください(・д・`)

IMG_7038
建物の外観の撮影はOKですが、建物の内観の撮影はNGなのでご注意ください。Cebuらしさは特に感じませんが、日本にも無い独特な雰囲気を味わえますし学校からも近いので是非足を運んでみてください。

Taoist Temple
営業時間:6:00~18:00
入場料:無料
所要時間:30分から1時間
住所:Beverly Hills Cebu City 6000

ジャンとの出会い

少し木陰で涼み汗を乾かした僕は、行き道の出来事を考えた上で少し距離はあるものの歩いて学校まで帰ろうとtaoist templeを出た直後、1人のTAXIドライバーに声をかけられました。

基本的に向こう側から声をかけてくるドライバーは無視するようにしてたんですが彼はしつこく話しかけてくるので、「帰る」と一言返事をしたのですが、彼は
「こんなに晴れているのに勿体無い」と言います。確かにまだ時間はあるし天気もなかなかいいしたまの外出なのでどこかに行こうとは思ったものの、行きたい場所が思いつきませんでした。

「どこかオススメはある?」ときいたところ、「TOPs, Temple of Leah,flower gardenはどうだ?」と、ただTOPsはなんとなく1人で行くイメージでは無かったのでやはり断ろうと思いましたが「安くするぜ?」とのこと、ただ最初に彼が提示した金額は2500pesoと明らかに高い、、、普段ならこの時点で断るのですが、何故かこの日は価格交渉ししてみようと思い、結果的に700pesoの値下げに成功しルンルンで乗車することに。

ただ冷静に考えて最初の時点でふっかけてくるドライバーを信用すること自体、リスクを伴うと思うのでなるべくなら乗車は避けた方がいいと思います。(この日の僕は何故かそこまで頭が回っていませんでした)

タクシーに乗車すると彼は学校の先生とは違い、フィリピン訛りのある英語で陽気に話しかけてきます。因みにこのタクシーのドライバーこそ本日のKey person ジャンです。

「名前は?」「留学?」「どこに住んでるの?」「いつからここにいるの?」と質問攻めに、とにかく訛りが強い彼ですがなんとか聞き取り答えて行きます。そうこうしている間に30分ほどでフラワーガーデンに着きました!

フラワーガーデン、トップス、テンプルオブレイア

IMG_7052
ここがフラワーガーデン、下調べも何もせずに来たのですが、時期的なせいか思ったよりも花は咲いておらず、、、ただ空気が最高にきれいで涼しく、南国風のエキゾチックな植物を見ることができたのでそれなりに楽しめました!

IMG_7058
このようにインスタ映えなオブジェもたくさんあります。こちらにsirao garden の詳細があるので是非合わせてご覧ください。【Sirao Flower Farm】知っていますか?セブには綺麗なお花畑があるんです!!

やはり時期は大事みたいです、、、

綺麗な空気を体に十分補給した僕は、ジャンの元に戻りトップスへ向かいます。道中はジャンが一方的に話、僕が相槌を打ちます。話の内容はこっちで彼女はできたかとか女の子のお店は行ったかとか(笑)僕があまりにも話題を振らないため流石に喋ることもなくなって来たのか少し無言の時間も少しありました。

見かねたジャンが「お前って大人しいな」と言いました。この時の僕は自分の英語に自信がなく必要最低限の事しか喋りたくありませんでした。

そのことをジャンに伝えると「It’s OK don’t be shy」と、、、

最初は何がIt’S OK やねんと思っていました。ただ彼の訛りにも慣れて来た頃、彼の文法や単語の使い方(heとsheが入れ替わってたり)に誤りがあることに気付きました。それでも彼は気にせず喋りますし、僕も何と無く言いたいことはわかります。

何か大事なことに気付き始めた頃、Topsに到着しました。ジャンもタクシーから降りて来て写真をとってくれるとのことで何枚か写真をとってもらいました。

ただ、周りは家族づれや友人同士、カップルなどがほとんどで1人でくる場所では無いなと改めて思い、ジャンにその旨を伝えると彼は「it’s OK! お前は1人じゃねえよ」と僕のiPhoneを指差しながら言います。
IMG_7318「彼女ときた風に見えるだろ?距離感すげえけど」なかなかいい仕事をしてくれていました笑

少し周辺をうろつき、またタクシーに乗り込みます。先ほどのジャンの言葉を思い出し、思い切ってこちらから質問をして見ることに

「何歳?」「家族は?」「いつから車の運転してるの」

ジャンのアンサーはどれも驚くことばかりです。彼は現在27歳で20歳の時に結婚し、子供は5人いて、家族は2つ持っていると、、、最初は驚きすぎて理解できませんでしたが、オリジナルファミリーとシークレットファミリーを持っていてオリジナルチルドレンは3人、シークレットチルドレンが2人いるそう。聞けばTAXIドライバーが家族を二つ持つことは多々あることのようです。

だからその養育費を稼ぐために休みなく24時間TAXIを走らせているそうです。「But it’s OK!俺はこの仕事が最高に好きなんだ」「なかなか大変だけど俺は毎日幸せだぜhahaha」と言ってました。

ちなみに車の運転に関しては12歳でデビューしたそうです、、、恐ろしい、、、またまた何かに気づき始めた頃、Temple of Leahに到着しました。

ここには駐車場がなく10分しか待てないとのことで早急に写真をとって回ります。
IMG_7101IMG_7099
外観はすごくゴージャスで写真スポットも多く、また見晴らしもいいので夜景にもオススメです。

詳細はこちらセブのタージ・マハル!?絶景テンプルオブレイア

さて全てのスポットを周り終えたので学校に戻ります。

TTからスタートしJYに戻るまで約2時間半くらい、帰り道は僕も積極的に話しかけ、無言の時間もなくJYに到着しました。

気付いた事

無事に寮に戻りこの日の出来事を振り返ります。

僕がこの学校に来た理由のうちの一つは英会話をする事、その為には勿論会話をしなくてはいけません。つまり文法のミスや単語の間違いを恐れて、喋らなければ一向に英語力はのびません。そのようなアドバイスをもらったことは幾度となくありますが、ジャンと会話をする中で改めて実感することが出来ました。

ここ最近英語の伸びに停滞を感じ自信をなくしていたのですが、彼と出会いなんとかその壁を乗り越えられたように思います。授業中の口数も少しずつ増えて来ましたし、もし何か間違えれば先生が訂正してくれます。改めて英会話を学ぶ上でとてもいい場所に自分がいることにも気づきました。

それと、日本にいるとき、僕は常にお金がなければ幸せにはなれないような気がしていましたが、ジャンの様に「お金=幸せ」ではないことをセブに来てからすごく実感することが多く、家族や友達の笑顔が見れるのが自分にとっての幸せという人が多くいます。

僕が授業をとっている先生で、金曜日が大好きな先生がいて毎日の様に”I’m happy because today is almost Friday”と言います(笑)彼女にとって月曜日だろうが火曜日だろうが、数日たてばまた金曜日がくるから毎日それが楽しみで仕方ないと言うことです。

私たち日本人は月曜日が大嫌いですが、要は考えようと言う事です。何が自分にとって幸せになりうるか改めて考える良いきっかけになりました。

ちなみにこの日の話を先生にしたらタクシー代1800pesoは高いと思うと言われましたが、『It’s OK!』

観光以上にいい体験ができたので問題ありません笑
文法間違っても『It’s OK!』
単語間違っても『It’s OK!』
家族2つでも『It’s OK!』(こればかりはそうは思えませんが、、、)

とにかくこれからも勉強を頑張ろうと思える良い機会となりました。

この記事を書いた人
Tyson
1ヶ月間の学生期間を経てこの度、学生インターンとなりました。 何かあればいつでもお声がけ下さい。

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング