2019/05/6

3D学校生活

【アウトリーチプログラム】2019年4月レポート!!

2019/05/6
この記事は約 2 分で読めます

今日は毎月人気のアウトリーチプログラムの4月レポートです♪

110D53C3-43B9-4836-9B26-B3178A0A0FFD

アウトリーチプログラムとは、毎月月末の金曜に行われるボランティアを通してフィリピンの子供たちと交流する企画です。とても人気で、今回も早くに定員に達していました。一日のみ、400ペソで気軽に参加できるので、ぜひ3Dに来た際には参加していただきたいと思います。

ではここから2019年4月の活動報告です!

訪問先

今回はフィリピンの学校がすでに夏休みだったこともあり、学校ではなく「BONBON」という地域のBONBON BARANGAY HALLを訪れました。

E49AA2E5-DAC2-494A-B936-222C11C497E365246650-4D63-486E-8446-1C555FBC643Fバレーコートなんかもあります。

中に入るとたくさんの子供たちが待ってくれていました。学校ではないので今回は赤ちゃんからお姉さんまで様々な年代の子供たちと触れ合うことができました。

179CC8C0-C5F9-4174-8C8C-B35999D35C59 5BF1D1AB-E525-4169-BDAD-B9A68BD773AA 439D9FE3-AE0A-43EF-BBFD-DF785D5231A0目がくりくりでとってもかわいい~♡みんなを集めてゲーム開始です。

ジェスチャーゲーム

最初のゲームは動物のジェスチャーゲームです!

子供たちの円のなかで3Dの生徒さんが動物の真似をして、1番に英語で正解を答えられたら景品がもらえるといったゲームです。

3C73F3E9-6570-4BAB-85D9-235F29253C129816A745-44FC-4246-8E58-124692D540A7お題はゾウ、サル、ヘビなど様々。子供たちは積極的に手を挙げて、楽しんでいました。

1AC57F5E-1FFD-444F-AB83-1F2CAED67B05景品をもらってとってもうれしそうです :-)

新聞ちぎりゲーム

次は保護者参加のゲームです。3Dの生徒と保護者の方が2人1組のペアになり、渡された一枚のA4の紙をできるだけ細かく裂いて長くするといったゲームです。こどもたちは周りで応援しています。

062E668A-AD77-48CF-8E0C-0890EAE36F6276F6E0DA-DE4B-4F4E-BC7B-8EBABB8B2FED

私はというと…ゲームに参加するママさんから赤ちゃんを抱っこさせていただいていました笑

70BD0A29-4A1E-47AD-B8A6-54B9EF0B4A86

お絵かき

最後はグループごとお絵かきです。お題は「この場所!」Bonbonの景色やこのホールなど思い思いの絵を描いていきます。みんなの表情は真剣でかわいいです。

EBD07AD6-728D-44E2-A4C3-A4A62DFF9D8C 45617181-A673-4A28-8E35-C3C3ED1CDC5C 766FE3F6-6AD3-4958-97C3-4939BF8C7142完成しました!みんなカラフルでとっても上手にかけていますね。

588C04E8-8B9E-43EB-9AEF-48A4C743923F CD19EFA9-FA66-4A38-A15D-D37CAA17B087

ごはん

ゲームの後はごはんタイムです!フライドチキンとスパゲッティ、おいしそう~

8B6D1277-CE8C-4A68-869F-D73928FAF56FDC8AB947-C89B-475B-9E15-B1A895B7D1AF子供たちがおいしそうに食べていて、こっちまで幸せな気持ちになりました。

最後にみんなで記念撮影をして終了です。子供たちも、3Dの生徒の皆さんも楽しんで交流ができていたようです。私もとっても楽しかったです。

690EBB45-D3D5-4641-93C2-81B01A70A9A7

まとめ

フィリピンに来る多くの観光客の方は、市内とリゾート地だけを訪れ「フィリピンって思ったより栄えているなあ」といった印象をもって帰って行かれます。しかし、せっかく留学生としてフィリピンを訪れるのであれば、ぜひ華やかな面だけでなく、フィリピンの抱える問題についても学んで帰りたいものです。

私は大学で開発経済学を学び、大学の4年間でカンボジアの孤児院支援のために活動してきました。実際に5回現地を訪れ、その他の東南アジアの国々の現状についても目を向けてきたつもりです。

近年急成長を遂げているどの国でも光と影が存在しています。フィリピンもまさに急成長中の国ですが、そこには取り残されているたくさんの人々がいます。ストリートチルドレンの問題やスラム街がフィリピンの大きな問題になっていることは皆さんもご存じだと思います。このアウトリーチプログラムがそういった社会問題などに興味を持つきっかけになっていただけたら嬉しいです。

この記事を書いた人
Belle
2016年に1か月ほど3Dに通い、3年ぶりにセブ島に戻ってきました。 バックパックでの一人旅が趣味で、今まで訪れた国は33か国です。 3Dでのインターンを終えた後は、オーストラリアでのワーキングホリデー、その後世界一周を予定しています。

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング