2016/12/2

CEBU現地情報

フィリピン・セブ島のバイクタクシー乗り方と注意すべきこと

この記事は約 2 分で読めます

IMG_0215
フィリピン・セブ島の移動手段は、主にタクシー・ジプニー・バイクタクシーです。

安全で快適に移動できるタクシーがおすすめですが、渋滞時の短距離の移動にバイクタクシーはとても便利です。

場所によってはバイクタクシーでしか行けない場所もあります。しかし、最もトラブルに巻き込まれやすい乗り物もバイクタクシーになります。

ここでは、3Dからバイクタクシーで行ける場所、乗車・降車する際に注意すべきことをご紹介します。

※バイクタクシーは基本的に学校としても推奨していません。利用する際は自己責任になります。もし利用する際は、3Dのガードマンにバイクタクシーを利用することを伝えた後、3Dの前に止まっているバイクのみを利用しましょう。

3Dからバイクタクシーで行ける場所

ITパーク 20ペソ
マンゴースクエア 40ペソ
Cebu Zoo 50ペソ
CPDRC 50ペソ
TOPS 300ペソ

3Dから上記の場所に行く場合は、価格が決まっているため、交渉の必要もありません。事前に上記金額である事を確認後(3D 入り口に貼ってある価格表を利用してください)目的地に着いたら上記の金額を渡しましょう。

CPDRCとは、囚人ダンスが観れる場所のことです。TOPSは夜景の見れるスポットで多くの生徒が必ず訪れる場所ですが、基本バイクタクシーしか行ってくれません。1人で乗ると、片道300ペソですが、2人で乗れば150ペソで行くことができます。また、TOPSは1時間50ペソで待っててもらうこともできます。

乗車・降車する時に注意すべきこと

S__37191687
2人以上で乗る際、一番後ろの人は取っ手のような部分を捕まると安定します。

IMG_0218
降りる時は、必ず左側から降りましょう!右側にはマフラーがあり、足を火傷する恐れがあるからです。バイクタクシーを利用する際は、忘れないよう気を付けましょう。

相場を把握して利用しよう

S__37191684
フィリピンは夕方と週末の渋滞はとてもひどく、巻き込まれると普段の倍以上の時間がかかってしまいます。そんな時に便利なのが、バイクタクシーです。

3Dの前にいるドライバーは顔も認識していますし、人も多い場所になるので、危険度も低く利用できます。

フィリピン人が利用する際の相場は30ペソだそうです。ITパークのような近場であれば、20ペソで利用することもできます。

もし、タクシーやジプニーが捕まらなくてバイクタクシーを外出先で利用する場合は、20ペソを基準に交渉してみると良いでしょう。

しかし、バイクタクシーはあくまで短距離移動のためのものです。長距離の移動はタクシーを利用するよう心がけましょう。

また、繰り返しになりますが、利用はあくまで自己責任になりますので、安全には非常に注意してください。

この記事を書いた人
3D UNIVERSAL ACADEMY
フィリピン留学・セブ島留学なら3D ACADEMYへ。当校では、マンツーマン授業だけでなく、「未来に繋がる留学」をテーマに、将来的に英語を活かせる様な+αの技術や経験を習得できる学校サービスをご提供しております。

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング