2017/11/9

CEBU現地情報

セブ島留学&旅行でフィリピンの定番お土産品をご紹介♪

この記事は約 3 分で読めます

今回の記事は、留学された方や旅行者が必ずといって良いほど悩んでしまう”お土産品”についてです♪実際にインターンとしてセブに長く滞在していても、日本へのお土産品はどれを買うべきかと悩んでしまうのが事実です。というのも受け取り手によってニーズが違いますし、好き嫌いがあるのでその辺を考慮しつつ”日本だと手に入りにくい””日本では高いがフィリピンでは安い物”など含む定番品からローカルチックなお土産まで、私のおススメのお土産品を紹介していきたいと思います。

定番のお土産!これを買えば間違いない!!

ドライマンゴー

Screenshot_2017-09-22-15-06-15こちらのドライマンゴーは言わずと知れた人気ナンバーワンのお土産でしょう!!特にこちらの7Dのドライマンゴーは味が良くお土産でもっとも選ばれているブランドで、大量に購入してもあまりかさばらないというのも大人気の理由の一つです。

日本でドライマンゴーは高価ですが、フィリピンのスーパーなどでは100gで80ペソ(約180円)前後で購入できます!※注意 こちらの7Dドライマンゴーは物凄い人気商品なので帰国直前に購入しようとして、品薄で数が揃わない、売り切れで購入出来ない、などという事があるのである程度余裕を持って準備しておくと良いでしょう。スーパーマーケットやモール、7D直売店で購入できます。

バナナチップス

Screenshot_2017-09-22-15-12-16こちらもドライマンゴーについで不動の人気を誇るお土産ですね。価格は種類が多くありすぎてまちまちですが日本円で150~200円程度で購入できるので高くはないですね!歯ごたえとバナナの甘みと酸味で病みつきになります!お土産のつもりが、自分で食べてしまうなんて事になりえる美味さ♪各スーパーマーケット、モール、コロンストリートなどで購入できます。

ココナッツオイル

Screenshot_2017-09-22-15-14-31こちらもセブに訪れると外すことの出来ない定番のお土産ですね!なんといってもここフィリピンはココナッツオイルの生産量が世界一の国なので、買わない訳にはいきません!

ココナッツオイル製造業に技術管理、品質管理の指導をしている官庁があるほどですので、フィリピンのココナッツオイルは生産量だけではなく、品質もかなり高い水準で生産されているそうです。さらに日本でココナッツオイルを買うとなかなか高額なのに対して、フィリピンだともちろん物にもよりますが、良質なものでも500mlで約300ペソ(約680円)程度で購入できます♪

肌や髪の艶だし、様々な料理にかけても美味しくいただけますよ!バナナにココナッツオイルは最高のコンビネーションなので試したのとのない方は是非!!薬局、スーパーマーケット、モールなどで購入できます。

パンシットカントン(インスタントヌードル)

Screenshot_2017-09-22-15-19-46こちらは数多くの日本人の舌を虜にしてやまない大人気インスタントヌードルです!!まだ試したことのない方は是非!特に”Lucky me”というブランドのパンシットカントンはおススメです。フレイバーはオリジナル、カラマンシー(すだちの様に爽やかな風味のフィリピン特産の果実)、チリマンシー(カラマンシー+唐辛子)、スィート&スパイシー、エクストラホットの5種類があります。

個人的には辛いのが好きなのでスィート&スパイシーかチリマンシー、オリジナルがおススメですかね!ちなみに私は一袋ではなく、オリジナル+チリマンシーなど2袋をミックスして食べるのがMYスタイルです!コンビ二、スーパーマーケット、モールで購入できます。

ドリアンキャンディー

Screenshot_2017-09-22-15-26-13こちらは喜ばれるお土産からはかけ離れていますが、話のネタとしてのおススメですかね。とにかく甘くてクッサい!!仲のいい友達に強制的に食べさせてドリアンの臭さに喜ぶ顔を見るのも楽しいです(笑)

ドリアンが好きな人なら(すごく少ないですが)美味しく喜んで食べてもらえるのでいいですね。スーパーマーケット、モール、コロンストリートなどで購入できます。

個人的に僕が貰って嬉しいお土産3品

ラム酒

Screenshot_2017-09-26-13-20-42
フィリピンは南国でサトウキビの生産量が多いのでフィリピン産のラム酒も多くあり、お酒好きな方にはおススメのお土産です!またフィリピンはお酒の値段も安く、様々なお酒がお土産として人気があり、何より酒飲みの僕にとっては訪れた国特産のお酒をのむ事は最高の娯楽ですので、あえて今回はこちらのフィリピン産のラム酒を選択しました。

一番の有名どころで言うと”Tanduay”のブランドのラム酒ですかね。こちらのラム酒やラム酒を使ったカクテルもコンビ二を初めとした、様々な場所で販売されております。ボトルショップ、コンビニ、スーパーマーケットなどで購入できます。

ミサンガなどのアクセサリーや小物

Screenshot_2017-09-26-13-35-18
こちらは意外と思いつきそうで思いつかないお土産ですね。ミサンガやブレスレットなどのちょっとしたアクセサリーは、バックや色々な場所につけることができますし、かさ張らないし、安いのでお土産にも良いですよね。各モール、コロンストリートで購入できます。

偽レイバンを初めとした偽造品

Screenshot_2017-09-26-13-25-44
実際ブログにこんな事を書いて良いのか分かりませんが、フィリピンでは本物の倍以上に偽造品が出回っているのと、激安で買えるのです。沢山の偽造品を購入すると日本帰国の際に税関で没収されます。違法ですのであくまで自己責任でお願いします!!コロンストリート、モールなどで購入できます♪

まとめ

今回はセブのお土産についての記事を書きましたがいかがだったでしょうか?少しでも参考になればと思います。基本的に今回紹介した品はどこのモールにでも置いてあるかなり手に入り安いものばかりです♪

実際に見て選びたい方、まだ迷っている方は是非アヤラモールに訪れてみてはいかがでしょうか!?お土産専門店スペースがあり、そちらでは数多くのお土産品が販売されておりますのできっと気に入る物が見つかるかとおもいますよ!でもお値段は高めですので、もし時間があるのならコロンストリートかカルボンマーケットでの購入が最安値ですのでおススメですよ!(※カルボンマーケットは多くの生徒がひったくりやスリの被害にあってますので高価なものや大金を持っていかない様に注意してくださいね。)

では今回はこの辺で!

この記事を書いた人
Jin
ダイビング以外で海に入るのが好きじゃない沖縄出身の28歳です。かれこれ日本を離れて3年目で、夢は世界一周とエベレスト登頂。自然と旅と野球をこよなく愛しています。

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング