2018/04/3

3D学校生活

【3D アウトリーチプログラム】3月のレポート♪

この記事は約 2 分で読めます

月末に毎回行われるアウトリーチプログラム!!!!!!!!

3Dアウトリーチプログラムとは、レベルチェックテスト終わりの毎月最終金曜日の午後に3Dの生徒が有志で参加するボランティア活動です!

行き先は小学校や、孤児院など毎回異なり、地元住民とより深く交流ができる機会となっています!このようなボランティア活動を行うことも、3D ACADEMYの大きな特徴のひとつです! 今回は3月に行われたアウトリーチプログラムについて紹介したいと思います♪

IMG_2014
今回のプログラムには制限の25名を超える参加者が集まりました。(アウトリーチプログラムは毎回多く方が参加するので、参加希望の方は早めにオフィスへ!)

今回は山奥にある学校に行き、小学生とアクティビティを通しながら、関係を深めるという内容でした♪

1.Let’s paint the picture

IMG_1750[1]
誰が早く、正確に絵を仕上げることができるのかを競うゲームをしました。

このゲームではこどもたちの個性がでており、一つの色をただひたすら使う子、枠からはみ出さないように慎重に塗りえをする子、枠にとらわれずただ塗り絵を楽しんでいる子等々、個人個人の様々な感性が見え、見てる側も楽しい時間を過ごすことができました。

IMG_2015
終盤からは3Dの生徒さんがフィリピンの小学生の色塗りの手伝いをしながら、会話をしていました。

2. Can you understand the action?

動きだけで、何の動物の真似をしているのかを当てるゲームをしました。

IMG_1766[1]
ここでは、3Dの男性陣に頑張ってもらいました!!!多くの生徒が積極的に挙手をして答えており、自発性が高い子が多いな~と感心していました。(日本人が見習うべき点ですね…)

3. Sing !!!

IMG_1814[1]日本、台湾の各男女二人でそれぞれの国で親しみが深い曲を即興で歌ってもらいました!!大変なむちゃぶりでしたが、快く引き受けて頂きありがとうございました。

4. Talk over lunch

IMG_2016
最後はこども達が昼食を取りながら、会話を楽しむというひとときでした。小学校での生活はどう?等日常についてお話をし、充実とした楽しい時間を過ごすことができました。

IMG_1844
小学校の高学年の生徒さんとも少しお話ができました。私達がフィリピンの生徒の学校生活がどうなのかが気になるように、彼らもまた僕たち海外の人たちが気になっている様子でした。

まとめ

最初は緊張からか会話の機会が少ないように見受けられましたが、少しずつ会話が増え、終わる頃にはお互い打ち解けているように見えました。

初めて参加する生徒さんが多かったと思いますが、他国の小学生の生活を見ることができるのは、とても良い経験となると思います。

今後も3D Outreach Programは継続して行っていくので、興味のあるは方是非次回のご参加をお待ちしております!!

この記事を書いた人
David
インターン生のDavidです! 語学力を向上させるために来ました~ 皆さんの生活をサポートできるよう頑張ります。 よろしくお願いします!

最新記事

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング